ATP(男子プロテニス協会)が8月からツアーを再開予定と発表 ジャパンオープンは史上初の中止へ

tennisUSopen2020

現時点で発表されている大会は下記の通りです。

シティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500 ):8月14日

W&Sオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、ATP1000):8月22日

全米オープン:8月31日

ジェネラリ・オープン(オーストリア/キッツビューヘル、レッドクレー、 ATP250):9月8日

ムチュア・マドリッド・オープン男子(スペイン/ マドリッド、レッドクレー):9月13日

BNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000):9月20日

全仏オープン:9月27日

全米オープンは予選無しの無観客での開催となります。また、前哨戦となるW&Sオープンは選手やスタッフの移動を最小限に抑えるため、全米オープンと同じ会場であるニューヨークのビリー・ジーン・ キング・ナショナルテニスセンターで開催されます。

なおJTA(日本テニス協会)は本日、10月の楽天ジャパンオープンテニス2020を中止することを発表しました。

https://www.jta-tennis.or.jp/Portals/0/resources/news/20200618release02.pdf

ジャパンオープンテニスが中止となるのは1972年の第1回大会以来初めてのことだそうです。

プロのテニスの試合はワールドツアーなので世界中を移動する必要があります。コロナ禍のような状態になると大会の開催が非常に難しくなります。

そのような状況で開催か中止の判断をするわけですが、開催国のお国柄が出てきて興味深かったりします。

楽天ジャパンオープンの中止は残念ですが、新型コロナウィルスが10月にどうなっているか誰にも分かりませんし、妥当な判断だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Copyrighted Image