ブリヂストンスポーツがテニス事業から撤退

ブリヂストンスポーツ

ブリヂストンスポーツ株式会社がテニス事業から撤退することが発表されました。撤退日は2020年12月31日とのことです。

重要なお知らせ|BRIDGESTONE TENNIS
ブリヂストンスポーツのテニス総合情報サイト。ブリヂストンスポーツからのお知らせです。

ブリヂストンスポーツはフランスのテクニファイバー製品の代理店ですが、撤退後はラコステジャパンが引き継ぐとのことです。

日本国内のテニス業界は景気が悪いと言われていますが、錦織圭選手や大阪なおみ選手といった日本人のスター選手がいる状態で何故こうなるのでしょう。

テニスは対人スポーツで、しかも必ず勝敗が決します。引き分けはありません。これが日本人の性格に合っていないような気がします。

お互いに対戦相手への敬意をもって全力を尽くし、その結果を受け入れる。

何事も曖昧を好む日本人の気質には、もしかしたらテニスは向いていないのかもしれません。

それでも私はテニスが好きですが(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Copyrighted Image