ヘッド/HEADのラジカルの新モデルが2019年4月下旬に発売決定

ヘッドグラフィン360ラジカル

テニスラケットのヘッド/HEADのラジカルの新モデルが2019年4月下旬に発売されます。なお日本先行発売とのことです。

元々 「オールラウンドなラケット」がコンセプトのラジカル。

今回のモデルは グラフィン素材をシャフト部だけでなく、ナノレベルでラケット全方向的に使用することにより、 フレームを最適に強化することに成功。

抜群のフレームの安定性と最適なエネルギー伝達性能を得ることで、パワーをラケットからボールに余すことなく伝え、パワーを最速にするとのことです。

つまり、絶対的なフレーム安定性と、最大限のエネルギー伝達を実現してパワーと心地よいショットを提供するとのことです。

また、グリップの形状がこれまでの扁平(へんぺい)型から、厚いグリップでも握りやすい丸いラウンド型に変更されています。

今回4種類のモデルが発売されます。

スポンサーリンク

ヘッド(HEAD) グラフィン360ラジカル・プロ(Graphene 360 RADICAL PRO)

■フェイス面積:98平方インチ
■全長:27.0インチ
■フレーム厚:20-23-21mm
■重さ:平均310g(フレーム)
■バランス: 平均315mm
■ストリングパターン:縦16本×横19本
■グリップサイズ:2・3・4
■グリップ:HydroSorb Pro

ヘッド(HEAD) グラフィン360ラジカル・エムピー(Graphene 360 RADICAL MP)

■フェイス面積:98平方インチ
■全長:27.0インチ
■フレーム厚:20-23-21mm
■重さ:平均295g(フレーム)
■バランス: 平均320mm
■ストリングパターン:縦16本×横19本
■グリップサイズ:2・3・4
■グリップ:HydroSorb Pro

ヘッド(HEAD) グラフィン360ラジカル・エムピー・ライト(Graphene 360 RADICAL MP LITE)

■フェイス面積:98平方インチ
■全長:27.0インチ
■フレーム厚:20-23-21mm
■重さ:平均270g(フレーム)
■バランス:平均330mm
■ストリングパターン:縦16本×横19本
■グリップサイズ:1・2
■グリップ:HydroSorb Pro

ヘッド(HEAD) グラフィン360ラジカル・エス(Graphene 360 RADICAL S)

■フェイス面積:102平方インチ
■全長:27.0インチ
■フレーム厚:22-25-23mm
■重さ:平均280g(フレーム)
■バランス:平均320mm
■ストリングパターン:縦16本×横19本
■グリップサイズ:1・2
■グリップ:HydroSorb Pro

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Copyrighted Image