ラファエル・ナダル選手が史上初となる30歳代の年間王者に

R・ナダル選手が史上初となる30歳代年間王者に

現在フランス・パリで行われているロレックス・パリ・マスターズでラファエル・ナダル選手が2回戦を突破したことにより、4年ぶり4回目の年間王者になることが確定しました。

ナダル選手は31歳なので、1973年にATP世界ランキングが創設されて以来、初の30歳代の年間王者だそうです。

なお現時点で2位は36歳のロジャー・フェデラー選手です。

今年1月の全豪オープン決勝戦で、ナダル選手とフェデラー選手が激闘を見せ、世代交代ならぬ「世代後退」と言われていましたが、まさか年間を通じて10年前のスター選手が活躍するとは思いませんでした。

この2人は昨年はケガで結果を残せず、シーズン途中でツアーを離脱していました。

その2人が翌年のランキング1位と2位を獲得するとは誰が予想したでしょうか。

スポーツ科学が進化して、テニスに限らずプロスポーツ選手の寿命が長くなっていますね。

A・ズベレフ選手やD・ティエム選手やD・ゴフィン選手など若手選手も順調に育っていると思いますので、テニス界の未来は明るいと思っています。

ただナダル選手とフェデラー選手が強すぎるのです。ちょっと普通じゃないです(笑)

個人的に今年を象徴する試合と言える、全豪オープン2017決勝戦のファイナルセットの映像がありましたので時間がある時に御覧ください。

まさにテニスの魅力を詰め込んだ試合って感じですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Copyrighted Image